HOME» 教材の中身と内容»


不動産投資の学校 教材バージョンアップ

DVDとテキストをバインダーに入れる


不動産投資の学校の教材は、2011年頃にリニューアルされました。
今から購入される方はこちらの新バージョンになります。
>>2014年8月に大幅リニューアルされました(新テキストの中身はこちらをクリック)

2013年に不動産投資の学校を購入した友人に協力してもらいました。
私の持っている旧バージョン(~2011年頃)に比べて、格段によくなっていましたね!!
うらやましい気持ちと共に、中身をご紹介させていただきます。

バージョンアップの概要

  • テキストが一章一冊型で紙も軽く持ち運びしやすくなった
  • テキスト本文はモノクロで書き込みしやすさを重視
  • DVDは12枚から10枚になり、メディアを入れ替える手間が減った

私の持っている旧バージョンの中身記事と比較すると、いかによくなったかが分かるかと思います。
こちらの記事を開きながらチェックしてみてくださいね。

テキスト教材はどうバージョンアップしたか?

テキストとバインダー

不動産投資の学校の教材テキストは全10章から構成されています。
旧バージョンだと全てのページがカラーなのはよかったのですが、
厚めの紙なので一章だけ持ち歩くにしてもけっこう重たいです。

満員電車の中で読むのはかなりの至難の業だと思います(私感)。

旧バージョンは冊子状態にはなっていません。
厚手の紙で構成されたテキストの一枚一枚が2穴のリングで高級専用バインダーに挟まっています。

不動産投資の学校中身

新バージョンは一章一冊形式なので持ち運びが楽ですね!!

不動産投資の学校新テキスト

新バージョンの場合、表紙はカラーですが中身は白黒です。
どちらかというと本、教科書に近いですね。

本一冊を持ち歩くイメージなので、カバンを占領しません。
通勤電車でも立ちながら十分に読めると思うので、電車で予習復習できていいですよね。

中身がカラーから白黒になったと言っても、旧バージョンも本文のところは黒文字です。
グレードダウンしたとは決して感じませんでした。
むしろ、書き込みがしやすくなったのではないでしょうか。

タイトルとサブタイトルはカラー、本文は白黒の旧バージョン

教材テキスト第4章の中身

DVDはどう変わったのか?

特製バインダーにテキストと共にファイルされている点や見た目に
変更点はありませんでした。

DVDとテキストをバインダーに入れる

一番大きな点は、12枚から10枚になったところだと思います。
さすがに友達の家で全てのDVDは観れませんでしたが…
不動産投資の学校の授業の中身について友達と語っても話が通じ合ってていたので
新旧大差はないと考えるのが妥当なのかな?と。

旧バージョンは授業単位の収録でしたが、新バージョンは章ごとなので
テキストとの連動から考えるとある意味分かりやすいです。

DVDメディアの枚数が減ったということは…
メディアを入れ替える手間が少なくなっていいことかも?と思います。

DVDは10枚に変更

以上のことから、私が持っている2011年以前の旧バージョンよりも、
今から不動産投資の学校を買う人の方が、教材価値があると思いました。

>>2014年8月に大幅リニューアルされました(新テキストの中身はこちらをクリック)







スポンサードリンク